どうしてもお金が必要!でも安全にお金を借りたい

銀行から借りるべきか?それとも消費者金融から借りるべきか?

 

はじめてお金を借りる方  どうしても安全にお金を借りたい方

 

「今すぐどうしてもお金を借りたい!」というときほど慌てずに。

 日々の生活費のためや、取引の相手から何度も催促されて、もうまったなしの状況に追い込まれてしまったとき、返せる見込みがあるうちは、金融業者からお金を借りることで一時的に急場をしのぐことができます。

 

 お金を借りなければならない理由の緊急度が高く、精神的に追い詰められているときは、正常な判断ができなくなりがちですから、普段なら絶対にしないような行動を思わずとってしまって、あとで後悔してしまうことがあります。

 

 そうならないために、お金の貸し借りに関する制度や法律、お金の借入先の特徴や借入の手順、借入限度額、返済期限、返済方法、返済手順、あぶない取引などの知識について、お金を借りる前にある程度きちんと把握しておきたいですね。

 

 

緊急度と個人信用度によって資金調達先は変わります

 資金の調達先はいろいろありますが、緊急度の高い方と時間的な余裕のある方、個人的信用の高い方と低い方では当然、借入先が異なってきます。

 

 借入先が異なるということは、借り入れできる条件も優劣の差が出てきます。

 

 個人がキャッシングを考えるとき、その借入先としては、大きく銀行と消費者金融というくくりに分けられます。

 

 では、銀行と消費者金融どちらから借りるべきなのか?そのメリット・デメリットはどんな点なのかについて、図にまとめてみました。

 

 

 

 

 

 銀行と消費者金融の決定的な違いは、総量規制の対象になるか否かです。

 

 消費者金融から借りるときは、総量規制の対象になるので年収の1/3までしか借りられません。

 

 

 

 銀行は低利で借入することができますが、その分、審査が厳しく、また融資までに時間がかかるというデメリットがあります。

 

 信用状態の良くない方にとっては、融資を受けられない可能性が高くなります。

 

 また、急な資金が必要という方にも銀行からの借り入れは向いていません。

 

 

 

 一方、消費者金融のほうは緊急性を要する借り入れに対応してくれます

 

 また、審査については大手は厳格ですが、中堅以下なら独自の審査基準を設けて融資をしやすくしたりしています。

 

 

 

 どちらから借りるにしても、計画どおりに返済できるのならば、「借りる」ということについて過度に恐れることはありません。

 

 それさえしっかりできる方ならば、緊急度に応じて便利に使いこなせばよいというわけですね。

 

 無謀な資金計画を自ら立ててしまうということがないように、また、闇金の手口にまんまと嵌(はま)らないことに特に注意したいですね。

 

 

 では、次にまっとうな消費者金融であれば、「貸金業の登録」を行っているので、「貸金業の登録制度」についてざっくり知識を得ておきましょう!

 

 

 

はじめてお金を借りる方  どうしても安全にお金を借りたい方