保険料を安くするならココ!無料相談窓口を賢く利用し保険見直し

保険相談窓口の選択基準とは?

 

 

何か買い物をするとき、ふつうは比較・検討してから決めますよね。

 

 

 

 

でも、保険は目に見えませんし、その使い勝手を試すこともできないので、なかなか簡単には比較・検討できません

 

 

 

 

そこで、自分にとって最適な保険に加入するには、アドバイスしてくれるプロとの出会いがとても大きな意味を持つことになります。

 

 

 

 

さて、保険に加入する際の相談の仕方として、どんな方法があるでしょうか?

 

 

 

 

一般的には次の3つがすぐに思いつくと思います。

 

 

1.保険会社の営業担当者からの加入

 

2.ネットや通販、雑誌等で、複数の保険商品を自分で調べ、比較検討して加入する

 

3.複数の会社の保険を扱っている、来店型の保険ショップを活用する

 

 

 

これらの方法で、保険商品にアプローチするのは、どうなのでしょう?

 

 

 

 

一緒に考えてみましょう!

 

 

 

 

まず、2の「自分で調べる方法」は厳しい感じがしますね。

 

これから保険に加入しよう、保険を見直そうという人にとって、あちこちの保険会社の資料を入手することができるという気軽さ・手軽さはよいとしても、大抵の場合は、最適な判断を下すために必要となる、商品知識も体験談も、到底得ることは期待できないでしょうから。

 

 

 

 

また、手に入れたパンフレットに書かれている程度の簡単な商品知識を得ることはできたとしても、
ライフプランや家族構成に応じたきめ細かな保険提案を受けるということも期待できません。 

 

 

 

 

さらに、わからないことがあっても、相談は電話やネットが中心になるので、納得できるまでの説明を受けるには厳しくならざるを得ずデメリットばかりが目立ってしまいますね。
 
 
 
 

うーむ

 

 

 

 

では、1の「保険会社の営業担当者に相談」はどうでしょう。

 

 

昔からある一番馴染みのある相談方法ですよね。

 

 

 

 

これなら、保険会社の営業担当者やその保険会社のFP資格者に自宅や職場等、指定した場所に来てもらうことができます。 自分で出向く必要がないので、とても便利です。

 

 

 

 

そして、じっくりと担当者に話を聞いてもらって、中身の濃いアドバイスを受けることができると期待できます。

 

 

 

 

その保険会社が気に入っていて、おまけにどの保険に入りたいかもう決まっているというような場合は、何の問題もありません、その保険会社の一律推奨のパッケージ商品を、どうぞ喜んで契約してください。

 

 

異議あり!

 

 

 

しかし、そうは思わないあなた。

 

 

 

 

 

 

この方法では、声をかけた保険会社の保険商品に限定されてしまうので、他社にもっとよい保険があるのに!という場合に活用できないというデメリットが発生してしまいます。

 

 

 

 

さらに、保険会社の営業担当者も、わざわざ時間を割いて相談者の指定場所に出向くのですから、成約にどうしても力が入って、強くすすめがちになったりします。

 

 

 

 

何社か比べて保険を決めたいと考えている相談者にとって、営業担当者の強い勧誘はプレッシャーを与えられ、断りにくくなり、重苦しい恐怖の時間帯になってしまいますよね?

 

 

 

 

これでは、相談者が安心して納得いく保険相談を受けるということに関して 「不完全なシステム」 といわざるを得ませんね。

 

 

 

 

最後に3の「来店型保険ショップへの相談」はどうでしょう?

 

 

来店型の保険ショップは、ショッピングセンターなどの便利で人通りの多い場所に店舗があることが多いので、自分で出向く場合には手軽さがあります

 

 

 

 

来店型保険ショップは、複数の会社の保険商品を扱っているので、より広い保険商品の選択肢の中から比較検討ができる点が 「保険会社の営業担当に相談する場合」 よりも優れています。

 

 

 

 

そして、もうひとつ。

 

 

 

 

プロのFP(ファイナンシャル・プランナー)による中身の濃いコンサルティングが受けられる点です。

 

 

 

 

ここまで見ると、来店型保険ショップは、メリットだらけのように感じますね。

 

 

 

 

 

しかしっ!です。

 

 

 

 

 

来店型保険ショップは、自分から出向かなければならないというところがベストの方法とは言えません。 ベストな方法は、やはり、プロの保険相談員が指定場所・指定時刻に来てくれるサービスです。自宅など、いつも自分が生活している拠点に来てもらえたほうが、リラックスして話に集中できるというものです。

 

 

 

 

 

それから、たとえプロのFPといえども、保険商品知識やコンサルティング経験はまちまちであり、保険商品知識やコンサルティング経験の乏しいFPに当たってしまうこともあります

 

 

 

 

なぜなら、複数の保険会社の商品を扱うだけの商品知識と経験、そして、多様な組み合わせを提示できる能力を有するFPかどうか、見分けることができる人物によって、厳しい選別が行われていない可能性が高いからです

 

 

 

 

まさか、面と向かって、「他のFPさんに変えてください」とは言い出しにくいところがよくありません。

 

 

 

 

仮に、経験豊富なFPに担当してもらえたとしても、単に相談者との相性があわないためにFPチェンジできないといった状況も想定されます。

 

 

 

 

来店型保険ショップのFPもボランティアじゃないのですから、どうしても成約させることに力が入りがちになりますからね。

 

 

 

 

FPや保険会社の営業担当者が保険商品の相談員として、積極的に成約していただくことを前提として、保険提案を行うことは悪いことではないと思います。

 

 

 

 

なぜなら、保険相談員にとってのメリット = 「成約による報酬」 がなければ、よりよい商品を勧めようというモチベーションを高めることができず、結果としてお客様に本当に喜んでいただける相談はできないでしょうからです。

 

 

 

よしっ!

 

 

ですから、行き過ぎた営業を思わずしてしまったFPさんの面前にいる、哀れな相談者が重苦しい恐怖の体験をしなくて済むように、しくみを改善すればよいのです。

 

 

 

 

 

FP等相談員に強く勧められて恐怖心を与えられたとか、相性があわないといった理由で、他のFP等相談員にチェンジしたいという要望が、もし相談者に発生してしまったときのために、相談者からいつでも気軽に報告できる第三者的立場の報告機関を設置すればよいのです。

 

 

 

 

 

その第三者機関から営業活動が行き過ぎたFP等相談員に対して警告を与え第三者報告機関の権限で相談担当者をチェンジできるシステムがあれば相談者は安心して相談できますよね?

 

 

 

 

 

さて、ここまで、一般的な保険相談の窓口のメリット、デメリットについて考察しましたが、保険相談者にとって本当に必要な「相談者にとって理想の保険相談システム」とはどんな仕組みなのか?について、整理してみましょう。

 

 

 

相談者にとって理想的な保険相談システムとは?

 

これだ!

 

1.複数の保険会社の保険商品を扱えること

  (保険商品の選択肢を狭めないため)

 

2.保険相談員が相談者の指定した時刻・場所に来てくれること
  (現代人は忙しいので、相談員が来てくれたほうが便利!)

 

3.ライフプラン・家族構成を含めた中身の濃い相談ができること
  (経験豊富で相性のあうプロのFPによるサービス)

 

4.相談員と相性が合わない場合、FPチェンジできること
  (恐怖心なく、安心・納得の相談を実現するため)

 

 

 

残念ながら、上述の保険相談窓口ではこれらすべての要望を満足に満たすことは難しいと思われます。

 

 

 

 

しかし、実は、これらのニーズをすべて満たした保険相談のしくみがあるんです。

 

 

 

 

 

それが、 「保険マンモス」 です。 そのシステムとは?

 

 

 

 

 

 

保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”

 

 

 

保険マンモス

 
 
保険窓口の選択基準 保険の基礎知識 保険選択で重要な視点 保険マンモスとは? おすすめランキング